中学入試のための塾

学校では扱っていない内容でも対応可能

中学受験をお子さんにさせる場合、進学塾の中学受験コースなどを利用する人が多くいます。
というのは、中学入試でよく出る、つるかめ算や仕事算などは、当然小学校の指導要領の範囲内の学習内容で解ける問題ではありますが、実際問題として学校ではほとんど練習する機会がないため、お家で学校の教科書やドリルを勉強しているだけでは、全く対策にならないからです。
その点、進学塾に通わせるメリットというのは、過去の入試問題や出題の傾向などを徹底的に分析して、テキストやカリュキュラムを作成しているので、入試に出やすいけれども、学校では扱っていない内容でも十分に対応してくれます。
20年ほど前には、進学塾や中学受験専門家庭教師を利用しないで、自分の勉強だけで難関中学に受かったという人もいたようですが、現在では保護者の方がしっかりとした対策を取ることができるご家庭でなければ、自力の勉強だけで中学受験突破はとても難しいことになっています。

 

あまり中学受験に乗り気ではなかたけれど、塾の合宿後勉強が楽しくなった水田(仮名)さんの体験談

 

僕は最初、塾に行きたくありませんでした。
本当は友達と放課後遊びたかったから、中学受験にもほとんど興味がなくて、勉強もやりたくありませんでした。
親に中学受験をするように言われてしぶしぶ塾にも通ってたんです。
でも、夏休みに塾の合宿に参加してみたら、周りのみんながとても真剣に中学受験の勉強をしていることに驚きました。
とても同じ学年の人たちとは思えないほどみんな本気で合格したいと頑張って勉強している姿に、僕も頑張ろうという気持ちになってきました。
それから勉強を頑張り始めたら、だんだんと模試の成績も上がってきて、受験勉強が楽しくなってきました。
秋になった頃には志望校をワンランク上げてみないかと言われ、ダメでもともとという気持ちで挑戦してみたら、合格できてとてもうれしかったです。