中学入試のための塾

合宿でモチベーションを上げる事が出来る

中学受験の準備をするためには、どのような形でお子さんの受験準備をするのか、いろいろな選択肢があります。
各ご家庭の経済状況などにより、どの選択肢を選ぶのか変わってくるかと思いますが、今回は進学塾のメリットについて書いてみたいと思います。
お家で一人で勉強するのと違って、進学塾に通うと友達がたくさんできます。
それも様々な家庭環境や学力のお子さんたちにもまれて育つ学校のクラスとは違って、進学塾の友達というのはみんな中学受験を目指している、共通の目的を持った友達です。
同じ目標を持つ友達が、通常の授業だけではなく合宿などの様々なイベントを通して、時には点数や順位を競い合うライバルとなり、時には中学受験という同じ目標を持っているが故に悩みを分かち合うことができます。
特に合宿でたくさんのライバルと寝食を共にする経験というのは、学力面だけではないお子さんの成長に良い影響をもたらしてくれます。
現に合格者の声の中には、合宿で受験に対するモチベーションが大いに上がったという声がたくさん上がっているのです。

 

面接で併願校について聞かれた滝口(仮名)さんの中学受験体験談

 

中学受験本番の面接のときに、僕がびっくりしたのは併願校について聞かれたことでした。
違う中学校を受けていることを、正直に話してもいいのかどうか、一瞬迷いましたが、塾での面接の練習の時に自分のことを正直に話すことが一番大切だと教えてもらったことを思い出して、正直に併願している中学の名前を全部話しました。
どうしてその中学も受験したのか、もしも聞かれたらちょっと困ると思ったのですが、理由まで聞かれることは無かったので、助かりました。
中学受験をした経験は、勉強だけではなく面接対策もしなければなりません。
僕は人前で話すことがちょっと苦手なんですがちょっと度胸がついた気がします。
いろいろな経験ができるのが中学受験のいいところだと思います。