中学入試のための塾

レベルの高い授業が受けられる

お子さんに中学受験をさせて私立中学に行かせた方がいいのかどうか、ということを迷っているのであれば、お子さんに中学高校時代にどのような教育環境を与えてあげたいかということをまず第一に考えてみてはいかがでしょうか。
お子さんの将来を決定付ける上で、もっとも大切なのは大学受験であることは言うまでもありません。
どのような大学に進学して、どのような知識や資格を得て社会に旅立っていくのかということは、お子さんの生涯を決定付けるとても大切な選択になります。
そして中学高校をどこで過ごすのかということは、このお子さんの人生にとって最も大切な大学受験の準備をどのような環境で行うのかということに他なりません。
中学受験をさせて、私立中学に進学した場合、中学1年生の授業から、大学受験を視野に入れたレベルの高い授業が展開されています。
お子さんの知的好奇心がグンと伸びるこの大切な時期に、中学受験後のレベルの高い授業でお子さんを成長させるという選択もまたお子さんの未来にとっては大きな意味をもってくるのではないでしょうか。

 

最新の設備とカリュキュラムを受ける事が出来る中高一貫校を受験した大和田(仮名)さんの中学受験体験談

 

僕の将来の夢は、ハーバード大学へ留学をして、世界を股にかけて活躍できるようなすごい人になることです。
だから中学受験をして、英語をしっかりと学ぶことができる中学へ行きたいと思って、中学受験に挑戦しました。
志望校を選ぶ時には、両親にお願いをしていろいろな中学の事を調べてもらって、英語の勉強をするための施設やカリュキュラムが充実しているところを選びました。
家から通える範囲に5校くらいあったので、入試の日程を調べて、受験のスケジュールを立てました。
受験勉強は大変な時もたくさんありましたが、塾の仲間たちと切磋琢磨することができて、仲の良かった友達がみんなそれぞれの第一志望に合格することができた事がいい思い出になりました。